飲む日焼け止め シミ 予防

飲む日焼け止めでシミ予防?

SPFの値が高いほど効果が強くSPFが高いほど紫外線のダメージが肌に届く時間を遅らせることができます。

 

一方紫外線アルファ波への抵抗力の強さをPAで表します。

 

PAはプラスの数で表されていて+の数が多いほど効果が高いです。

 

飲む日焼け止めはシミ予防になる?シミやしわに効果的なポイント

 

日焼け止めの効果
飲む日焼け止めの効果は3つあります。

 

ただし塗る日焼け止めの効果を完全にカバーできるものではなく飲むケアの両方を行っていくことが推奨されています。

 

飲む日焼け止めの効果は日焼けのダメージを抑えてくれる働き
メラニンの生成を抑制する働きをそして肌の酸化を防いでくれる働きがあります。

 

活性酸素が生まれるのをブロック
飲む日焼け止めに含まれているインナーパラソルは紫外線を浴びて皮膚で発生する活性酸素という物質をブロックしてくれる効果があります。

 

そのため日焼けで起こる炎症に効果があるといわれています。

 

メラニンを抑制する働き
肌が黒ずんだりシミができたりする原因はメラニン生成です。

 

飲む日焼け止めはメラニン生成の働きをブロックするので黒ずみやシミなどに効果があるといわれています。

 

抗酸化成分
飲む日焼け止めには抗酸化物質がたくさん含まれています。

 

例えばフェルンブロックの成分やインナーパラソルの成分には天然の抗酸化物質ポリフェノールが大量に含まれています。

 

 

 

飲む日焼け止めは飲み続けることが大切
飲む日焼け止めを飲み続けると皮膚の紫外線ダメージに対する力が強くなります。

 

飲む日焼け止めには抗酸化成分が含まれていて日に当たらない麻痺でも毎日飲み続けることでだんだんと肌の抗酸化力がアップし紫外線のダメージを受けにくくなっていきます。

 

もちろん飲んだ直後に効果が上がるという即効性もあるのですが、抗酸化力をアップさせるためには外出しない日にも飲み続けることが必要です。

 

 

 

紫外線対策は日焼け止めクリームと併用する
飲む日焼け止めは完全に紫外線の影響ブロックすることはできません。

 

飲む日焼け止めはあくまでも日焼けした後の肌のダメージシミになるといったデメリットをサポートしてくれる働きです。

 

ですので、日焼け止めを塗らないと日焼けしてしまいます。

 

ですので、日焼け止めと飲む日焼け止めを併用することで体の中からも紫外線をケアすることができ肌のダメージを抑えることができます。

 

 

飲む日焼け止めよりもホワイトヴェール
2015年にインナーパラソルが特集されてから海外の日焼け止めサプリメントが注目され国内でも飲みたいという方が増えました。

 

しかしインナーパラソルは海外製のサプリメント
個人輸入するか美容皮膚科などに行くしか入手する方法がありません。

 

そしてこれはヨーロッパの人向けに作られているものであり日本人には粒が大きかったり飲みにくかったりとデメリットもあります。

 

配合されている成分無料も日本人より体格が大きいヨーロッパの方向きに作られています。

 

ですので、日本人は日本人向けに作られているものを選んだ方が安心です。

 

日本は食品添加物に対する規制が強いのですが、欧米では日本より緩い基準になっていることが多くとってはいけない成分をとってしまうことになるかもしれません。

 

ですので、国内で生産されている日本人向けのものを選ぶようにしましょう。

 

 

日焼け止めの副作用
日焼け止めには副作用があるのでしょうか。

 

日本で発売されているホワイトヴェール
焼かないサプリといった日焼け止めサプリにはほとんどが天然成分を使っていて抗生物質などは使っていません。

 

ですので、副作用が出る危険性などは少ないといえます。

 

しかし天然成分だから全く害がないというわけではありません。

 

使われている成分にローズマリーという成分があるのですが、この成分は子宮を刺激してしまい流産させる可能性があるため、妊娠中の方は飲まない方が良いとされています。

 

そしてローズマリーなどの植物にアレルギーがあったり添加されている成分境界性分も含まれていますので、そのような成分にアレルギーがある方は副作用が出てしまいます。

 

 

飲む日焼け止めサプリの選び方のポイント

飲む日焼け止めの選び方としては3つのポイントが挙げられます。

 

紫外線サポート成分が含まれているいうとインナーパラソル、フェルンブロック、リコピンなど抗酸化作用があって紫外線の影響をサポートしてくれるという成分が入っているものが必要です。

 

そして活性酸素という物質の働きを弱めてくれる成分が入っていることも必要
そして日本人向けに作られていて添加物などが含まれていないということも重要なポイントです。

 

以下では紫外線をサポートする成分や排出してくれる成分や安全性などを考慮して表を作っていますので、参考にしてみてください。

 

 

インナーパラソルとはどのような効果があるのか
飲む日焼け止めは植物から抽出されたエキスでシトラスという柑橘系の植物ご注進にやられた成分とローズマリーというサーフから得られた成分を使って作ったものです。

 

天然成分で副作用が少ないのですが、飲んではいけないという方もいますので、併せて紹介したいと思います。

 

インナーパラソルは紫外線の量が多いスペインで生まれた成分です。

 

モンテローザという会社で開発された成分で開発するまでに10年という時間が必要でした。

 

インナーパラソルはローズマリーのエキスとシトラス果実のエキスが入っていていろいろなポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールというのは抗酸化力があってカルノシン酸やナリンゲニンというフラボノイドが含まれていて、太陽に当たった時に紫外線が皮膚に及ぼす影響メラニンの増加や活性酸素が生まれるといった家庭をブロックしてくれる働きがあるとされています。

 

インナーパラソルの日焼け止め効果は紫外線が当たったことで起こる活性酸素を取り除いてくれるという抗酸化力によって起こります。

 

インナーパラソルを毎日飲み続けていることで紫外線が当たって肌に生まれてくる活性酸素を取り除くことができます。

 

活性酸素はなぜ皮膚に良くないかというと、炎症起こして赤みを組んでしまったりシミやシワの原因なったり皮膚の真皮の機能を阻害してしまったりとデメリットが多いからです。

 

インナーパラソルはそのような活性酸素をブロックしてくれるので日焼けしてしまった後でもダメージをケアできるとされています。

 

飲み続けるほうが効果が高くなり1日250mgを2ヶ月間飲むと35%紫外線に対する影響がカットできてさらにもう一もう1か月飲むことで約60%の紫外線カット効果が生まれたそうです。

 

10年開発に時間がかかりました。

 

 

飲む日焼け止めの副作用

 

インナーパラソルには重症な副作用は報告されていません。

 

しかし妊娠中の方授乳中の方成分にアレルギーを持つ方は注意が必要です。

 

ローズマリーの葉のエキスには子宮を刺激する効果があります。

 

それで妊娠している方が飲んでしまうと流産してしまう可能性が高まります。

 

ですので、妊娠中の方は飲まない方が良いでしょう。

 

そして成分にアレルギーがある方も飲まない方が良いです。

 

そして4歳未満の子供は成長過程なので飲まない方が良い
下痢などの副作用が起こる可能性が高いということで5歳以上の方が飲む方が良いでしょう。

 

そしてローズマリーには血圧を上げる作用があります。

 

それで高血圧の方が毎日飲み続けると高血圧が悪化してしまうかもしれません。

 

そして鉄分の吸収を抑えてしまう副作用があることから貧血がある方には良くない成分です。

 

 

 

インナーパラソルの2つの成分
インナーパラソルはひとつの成分の名前ではなくグレープフルーツの成分とローズマリーの成分をちょうどいい具合に合わせたものです。

 

まずグレープフルーツの成分としてナリンゲニンというフラボノイドがあります。

 

これは水溶性の抗酸化物質です。

 

これは細胞の外側で活性酸素除去してくれる効果があります。
もう一つローズマリーの成分にはカルノシン酸という成分があります。