40代の紫外線対策はシミとしわ、飲む日焼け止めがおすすめの理由

40代の紫外線対策はシミとしわ、飲む日焼け止めがおすすめの理由

ちなみに今は40代です。

しみやたるみは紫外線が原因と聞くので内側からケアをしていけば将来も綺麗になれると思います。

ツイッターで知り合っているアイドル飲んでいたので自分も真似して飲むようになりました。

日傘をさすのが面倒だったのですが、最近ではそのようなことはなくなっています。
20代です。

外で遊ぶのが好きで浜や海などによく行きます。

そうすると問題となるのが日焼けです。1日スポン出ていると日焼け止めクリーム塗っていてもどうしても焼けてしまいます。

その時に見つけたのがこのホワイトヴェールキャンプなどでたくさん焼ける事も多いのですが、ダメージが少なくなって楽しむことができています。

毎年紫外線対策は十分にやっているつもりです。

アームカバーなども着用し極力紫外線を避けるようにしていますが、やはり夏場は熱気がこもって大変なことになります。

そうするとアームカバーなどを外したくなりますが、そうするとシミやシワができるのが気になります。

そこで選択したのが飲む日焼け止め40代ですが、これからのしわしみ大切にしたいと思います。

ホワイトヴェールの注文関連のこと
ホワイトヴェールは初回980円で2回目からは4980円の定期コースのみの取り扱いになっています。

注意点はこの4回継続ということ解約することができません。

解約について詳しいことはこちらに書いていますので、見てください。

秋にも紫外線対策は必要

本当に必要な人とは秋にも紫外線対策をするということは必要なのでしょうか。

夏は多くの方が必要に迫られて対策すると思いますが、秋になると気が緩みがちです。

どのような人に秋の蚊対策が必要なのかまとめてみました。

シミやシワを作りたくない肌がきれいに保ちたい老け顔になりたくないもしこのような項目に一つでも同意できるなら秋や冬も紫外線をケアすることは必要だと思います。

というのは秋や冬というのは紫外線に対するダメージが大きいからです。

なぜ秋の紫外線が強いのか夏に紫外線が強いと思うのはUVBという紫外線が多くてサンバーンやサンタンといったいわいる日焼けの症状を引き起こすからです。

海などで日焼けをすると本当に水ぶくれができてしまうぐらい火傷するようなこともありますが、実はこのような紫外線以外の紫外線もあるのです。

それがUVA秋は紫外線が多い秋にも紫外線が多く降りすぎます。

夏に強くなる紫外線は紫外線Bという種類です。

しかしUVAというのは1年間を通してほとんど変わりなく降り注いでいます。

秋は肌が疲れている夏紫外線対策をすると関ジャニ防御できているように思われますが、実際には夏のダメージは秋に出る者です。

秋の始まりなどにはよく髪の毛が抜けますよね。

それは夏のダメージが一気に出ているからです。

肌もそれと同じようにとても弱っています。

ですので、そのような時に紫外線を浴びると強いダメージが出てきてしまいます。

紫外線Aは揺るがないシミやシワのことになるUVAは一年中降り注いでいます。

このような美容的にデメリットのある紫外線はむしろ一年中対策をするべきです。

シミやシワを作らないためには

シミやシワを作らないためには夏だろうが冬だろうが同じようにUVカットをクリームを塗ったり日傘をさすことが必要ですが、実際にそのような大それたことはできないことが多いでしょう。

特に紫外線をカットするクリームは肌に良くなくて敏感肌の場合は肌荒れしたりしますし、そうでない場合でも一年中塗っておいたらやはりアレルギーを起こしてしまうでしょう。

飲む日焼け止めのメリット
肌が荒れなくて済む
肌荒れの肌の弱った肌に刺激が少ない飲むだけで簡単に出来る
大袈裟ではない対策方法UVAの光老化対策になる秋や冬に飲む日焼け止めを使う理由はこのようなところにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です