海やビーチの日焼け対策

海やビーチの日焼け対策

万全な対策をしたはずだったのに家に帰ってきたら背中が赤くヒリヒリ焼けている、水着の形に焼けてしまった、あんなに塗り直したのに、そんなことが起こるのが海やビーチなどで1日過ごした時。

 

海や浜辺などはとても紫外線が強くて日焼け対策をかなりきっちり塗っても多少はやけてしまいます。

 

このページではそんな海やビーチでの日焼け対策に効果的な飲む日焼け止めサプリメント。どんなもののか、なぜ海やビーチの対策におすすめなのかについてみていきたいと思います。

 

ビーチで焼けてしまった人&ビーチに行く予定の人の感想

 

ハワイのビーチでの日焼け対策どんな格好をしたら良いのか、5月に東海岸のビーチに行きますが、ラッシュガードは着ないといけないでしょうか。以前沖縄に行った時は長袖のラッシュガードを付けて短パン履いていましたが、かなり焼けて痛かったです。上はラッシュガードで下は短パンと日焼け止めで対策をしていきます。


 

 

ビーチリゾートへ行くのですが、どんな日焼け対策をしたらいいでしょうか。来月ハワイに行きます。最近10年ほどは海に行ったり泳いだりしていないのでさらに海外のビーチリゾートは初めてです。


 

ビーチでの日焼け対策方法

  • ラッシュガードを着用する
  • 強い日焼け止めクリームを塗る
  • 肌を保湿する

 

 

ダイビングをする方の日焼け止めはとても有効なものが多いです。

 

一般的にはとても日焼け予防効果の高いもので全身に塗れるものや顔に塗れるものなどいろいろな種類を用意しておきます。

 

塗り方はダイビングをする人のサイトをチェックすると分かりやすく書いてあります。顔が白くなるくらいクリームを塗りたくります。忘れやすい所はつむじや耳の後ろ足の甲などです。

 

そして出っ張ったところ例えば手の甲や腕などそして膝や肩そしてあごや花咲などは二度塗りする必要があります。

 

サングラスや帽子というのもいいですが、使い方を間違えると変な形の跡がついてしまいます。

 

日傘は完璧に効果があるものではなく地面や周りから反射している紫外線が無防備になりますので、バティックやパレオなど濃い色をしているものを使うようにします。

 

海は紫外線を反射しますので、サングラスをかけておいた方がいいです。

 

シュノーケルをする時はラッシュガードを着用して海に入らないと知らぬ間に嫌気が進行していて後でたくさんの水ぶくれができることもあります。

 

日焼け止めは高いものも安いものもありますが、耐水性があって耐水時間計ってあるものであれば何でもいいです。

 

このような十分な対策を行っても焼けてしまいます。

 

それ以外に保湿というのもとても大切です。夜は日焼け止めをしっかりと落として保湿用のローションをたっぷりと塗ります。

 

もし焼けてしまったところがあったら冷やすようにします。そして海外から家に帰った後も1週間ぐらいはローションなどを欠かさないようにして保湿を心がけます。

 

そうやってアフターケアをすることで日焼け後のダメージがなるべく残らないにします。

 

参考記事:日焼けしたくない.com


 

飲む日焼け止めで日焼けダメージを減らす

海やビーチの日焼け対策

 

  • ラッシュガードを着用する
  • 肌を保湿する
  • 強い日焼け止めを塗る

という4つの方法を紹介してきましたが、もうひとつ付け加える方法があります。

 

それは日焼け止めサプリを服用することです。

 

飲む日焼け止めとは何なのでしょうか。どんな効果があるんでしょうか。

 

  • 飲むだけで対策ができる
  • クリームのデメリットをカバーできる
  • 美容対策に効果的な成分

 

飲むだけで対策できる

海やビーチの日焼け対策

日焼け止めは飲むだけで簡単に対策ができます。

 

 

 

1日1粒が2粒を飲むだけで対策は完了

海やビーチの日焼け対策

日焼け止めであれば塗り直したり強いものと弱いものなど使い分けたりしないといけませんが、飲む日焼け止めは飲むだけでそれがいい手間かからとても簡単です。

 

 

 

クリームのデメリットをカバーできる

海やビーチの日焼け対策

日焼け止めクリームはべたついた汗が出ると流れ落ちてしまったり擦れて取れるなどデメリットもあります。

 

肌が敏感だとSPFが高いやつは使えないこともあります。
飲む日焼け止めはそんな心配がありません。

 

使われている成分にアレルギーがあれば別ですが、そうでなければ肌のトラブルを引き起こすずにクリーンに対策をすることができます。

 

美容対策に効果的な成分

飲む日焼け止めの成分は美容に効果的な成分が入っています。

 

日焼けをすると何年か後にシミがたくさんできたり、もっと年をとると肌がたるんだりしてきますが、そんな美容に悪影響のある紫外線のダメージをカバーすることができます。

 

飲む日焼け止めの成分は、肌の美容対策の良くない物質である活性酸素をコントロールしてくれるので将来のしみやたるみなどを予防するためにもとても効果的です。

 

おすすめの飲む日焼け止め

海やビーチの日焼け対策

 

以下では海やビーチそしてプールに行く時に便利な飲むタイプの日焼け止めを紹介していますので、内側からも対策をしてみたいと浴衣はチェックしてみてください。

 

 

ホワイトヴェール

人気でコストパフォーマンスの良い日焼け止めサプリ

 

海やビーチの日焼け対策

 

ホワイトヴェールは一番人気の飲む日焼け止めです。

 

それは配合されている成分が多くてそれで値段がそれほど高くないためコストパフォーマンスが優れているからです。

 

使われている成分はニュートロックスサングアバ油などの成分でどれも抗酸化力が高いです。

 

ホワイトヴェールは一袋だけの注文はできませんが、定期便でいつでも解約できるタイプですので、気軽に注文することができます。

 

やかないサプリ

海やビーチに行く7日前から対策する

 

海やビーチの日焼け対策

 

やかないサプリは海やアウトドアなど日焼けをしそうな所に行く前に7日前から飲んで内側からケアをするためのサプリメントこれもとても人気があるサプリです。

 

使われている成分は抗酸化力の強いポリフェノールを中心に5種類の成分が使われていて、さらに肌の明るさを保ってくれるフィトールという成分や保湿に効果的なセラミドなども含まれていて、インナーケアとしてはとても優れた成分が入っています。

 

やかないサプリは気軽に購入できるところが特徴。一袋から3袋自由に注文できて値段も2400円と他のサプリより買いやすい値段です。

 

インナーパラソル

ニュートロックスサンが高配合のサプリ

 

海やビーチの日焼け対策

 

インナーパラソルはニュートロックスサンというメインの成分が250mg高配合されています。

 

さらにセラミドやビタミンCなど美白や日焼け対策に欠かせない成分が配合されていて全部配合量が公開されています。

 

たくさん配合されているのですが、その分値段も高くなっていますので、価格よりも効果を重視したい方に向いていると思います。

 

ニュートロックスサンとは

海やビーチの日焼け対策

 

 

このページで何度も出てくるニュートロックスサンというのは日焼け対策の専用に作られている成分で、スペインの強い抗酸化力のあるローズマリーとシトラスの果実から取られたエキスです。

 

この抗酸化成分が効果的に皮膚の活性酸素でサビ付きにアプローチをしてケアをしていくことができます。


 

飲む日焼け止めを選ぶときは

この成分がどのくらい入っているか、そしてそれ以外にどんな肌にサポート効果のある成分が入っているか、そして一回だけで注文できるのか定期コースを解約するときに何回までなどの制限が設けられていないかという点をチェックしたらいいと思います。

 

迷ったらホワイトベールがおすすめです。一番人気で成分と価格のバランスが重視されています。成分のコストパフォーマンスも良いです。