海での頭皮の日焼け対策!放っておくとハゲの原因に?

皮膚の中には色素沈着しやすいところがあります。

 

海での頭皮の日焼け対策!放っておくとハゲの原因に?

 

例えばまぶたやデリケートゾーンなどは色素沈着が起こりやすいところです。

 

ですので、他の部分よりこすらないようにしたりメイクを落とす時に余計な負担をかけないなど慎重にケアしてあげる必要があります。

 

 

シミができたらどうしたらいいのか

シミができたらどうしたらとれるのでしょうか。

 

まず最初に頭に入れたいこととしてはシミにはいろいろな種類があって美白コスメで消えるものと消えないものがあるということです。

 

美白コスメが担当する阪急はシミの原因になるメラニン色素を作られないようにしてくれるという予防作用です。

 

そうすることで肌の本来の色に戻して黒ずみが解消するという考え方です。
予防効果です。

 

つまり出来てしまったシミはほとんど消えないと思っていいでしょう。

 

すでにできてしまった10年代のシミなどはそんな簡単に消えるものではなく変な化粧品をつけると黒ずみが悪化する場合もあります。

 

ということは何を一番先にしたらいいかというとそのシミは何が原因で出来たかしっかりと診断するということです。

 

シミには一番多い原因として老人性色素斑というものがあります。

 

老人性色素斑

老人性色素斑の原因は加齢によるものではなく紫外線がたくさん当たったことが原因です。

 

紫外線が当たるとメラニン色素が増加し皮膚にシミとなって現れます。

 

30代から40代で急に増え始めているし琵琶湖の老人性色素斑の場合が多く美白コスメで解消をすることはできません。

 

レーザーで治療する必要があります。

 

そばかすというのは目や頬の周りにできるものです。

 

これは紫外線の影響というよりは遺伝的な原因が大きいといわれています。

 

日本人では白人より数が少ないといわれていますが、肌の色が白い人には目立って多いものです。

 

遺伝的な要因が強いので消してもまた出てくるというトラブルがあります。

 

肝斑はホルモンバランスの乱れが主に原因となっています。

 

両方のほっぺたに同時にできることが多くホルモンバランスを改良しないと改造をすることができません。

 

レーザー治療はあまり効果がなくトラネキサム酸の塗り薬やピーリングなどがおすすめです。

 

ニキビの跡のような炎症性色素沈着は茶色いシミのようなものです。

 

ピーリングが即効性がありますが、ほったらかしていても消えるものが多いです。

 

急いで消したい場合はピーリングをすると良いでしょう。

 

海で強い紫外線を浴びると花弁状色素斑というシミができます。

 

背中などにできるものでレーザー治療が効果的です。

 

 

ターンオーバーを正常に

シミやシワをなくすためには肌の代謝を活発にすることが不可欠になります。

 

肌のターンオーバーは28日が正常といわれていますが、このような間に肌が新しくなって古い肌が赤となって流れ落ちていきます。

 

そうする時にメラニン色素が沈着している皮膚やシミがついている皮膚などが少しずつ入れ替わるということが考えられますが、年齢的にはだんだんとターンオーバーの速度が落ちていき思ったように皮膚が綺麗にならなくなってしまいます。

 

そしてたんオーバーというのは簡単に見られるものでホルモンバランスが乱れると同時に見られてしまいまして寝不足や食事の偏りなどでも遅くなってしまいます。

 

ターンオーバーを良くするとスキンケアが簡単になります。

 

肌のターンオーバーを正常にする薬としてはトレチノインがありますが、トレチノインは美容皮膚科などに行かないと入手することができません。